• HOME
  • コンセプト

私たちは、教育工学に基づいた学術理論を用いて、社員のビジネスパフォーマンスを評価・分析します。パフォーマンス評価を起点にインストラクショナルデザインで設計し、データ(量的・質的)に基づくトレーニングで、“戦略的”人材育成を実現し、貴社の成長に貢献します。

HPIとギャップ分析

HPI」(Human Performance Improvement)とは、組織の経営課題を人材育成の視点から解決する手法です。以下のシステム的アプローチによって社員のビジネスパフォーマンス向上を支援します。

ステップ1:ビジネスゴールと理想的なビジネスパフォーマンスの具体的な定義(ビジネス分析)
ステップ2:あるべき姿(理想)と現状のギャップの明確化(ギャップ分析)
ステップ3:ギャップを生じさせる根本的な原因分析
ステップ4:分析した原因を解消するための適切な施策の選択
ステップ5:施策の実施
ステップ6:効果検証

インストラクショナルデザインとADDIEモデル

インストラクショナルデザイン」とは、教育・研修を効果的効率的魅力的にするためのシステム的アプローチに関する方法論です。個人・組織が抱える学習課題を解決する最適な教育を設計し、受講者と所属組織のニーズを満たすことを目指します。インストラクショナルデザインでは、「分析(A)、設計(D)、開発(D)、実施(I)、評価(E)」の5つのプロセスを繰り返し、必要に応じて改善しながら人材育成のPDCAサイクルを推進します。

分析テクノロジー

職務において求めるビジネスパフォーマンス(例:営業担当者の商談など)の構造化により真の学習課題を抽出し、最適な解決策を導き出すため、評価スコアのビッグデータ解析、エスノグラフィを用いたインサイト分析、人工知能を活用したストーリー分析など最新の科学的な量的・質的調査手法を共同研究にて開発しています。

量的調査

量的調査は、特定の現象について量的理解(質的情報も数量化して取り扱う)を目指す事を目的とします。リープでは回収したルーブリックスコアなど、数字データの統計的解析によるアルゴリズム開発から、対話シナリオの自然言語解析まで、新しい分析手法の開発を研究機関と連携して進めています。

質的調査

質的調査は、現象の質的理解や説明、あるいは解釈を目指します。質的分析の強みは、インタビューや行動観察を通して、アンケートでは捉える事ができない、細かいニュアンスや深い価値観、インサイトを発見できる点にあります。学習者や顧客の価値観やインサイトを深堀りしたい場合、質的調査技法を活用します。

アドバイザー

Shigeki Tsuzuku

  • 国立大学法人 熊本大学
  • 教授システム学研究センター 教授(医学博士)

Hiroyuki Ikemoto

  • 公立大学法人 首都大学東京
  • 産業技術大学院大学 教授(工学博士)

Shigeomi Koshimizu

  • 公立大学法人 首都大学東京
  • 産業技術大学院大学 教授(工学博士)

Hiroto Inoue

  • 東京電機大学
  • 未来科学部 助教(工学博士)