オンライン研修の魅力を爆増させる最短・最速の方法とは?

インストラクショナルデザイン, パフォーマンス評価・設計, 研修コンテンツ作成

マンネリ化しつつあるオンライン研修……

リープでは以前より、お客様のオンライン研修に関するお悩みをお聞きしていますが、最近になって、そのお悩みの内容が変わってきているなぁと感じております。
これまでは、研修の中身【何を教えるか】に関するご相談が多くありましたが、最近は研修受講者の受講態度【どうやって真剣に参加してもらうか】に関するご相談(不満?)を頂く機会が増えております。

「研修受講者がオンライン慣れしてきたせいか、真剣に話をきいてくれない」
「他に作業をしながら研修を受講している気がする。研修に集中してほしいのに」

読者の皆様も同様のお悩みを抱えているのでは……と感じる次第です。

受講態度が悪くなってしまう。その要因とは?

結論から申しますと、受講態度の悪化の要因としてオンライン(同期)環境におけるコミュニケーションの欠如があげられます。

オンライン環境では、対面研修以上に講義に時間を取られてしまうだけでなく、受講者の受講状態を確認しながらインストラクションすることが困難なことが多々あります。
そのため対面研修と比べ一方通行の講義が主体となってしまい、コミュニケーションロスに繋がり、結果として受講態度が悪くなってしまうと考えられます。

オンライン環境でコミュニケーションを実施しながらインストラクションするためには、そのためのコミュニケーションスキルを身につける必要があります。

オンライン研修におけるコミュニケーションスキルを上げる最短・最速の方法

そこでご紹介させて頂きたいのがComptia CTT+(バーチャルクラスルームトレーナー)という専門資格です。

世の中にはトレーナー向けの資格が多くありますが、本資格の特徴はインストラクターが身につけるべき基礎的なスキルだけで無く、オンライン環境におけるコミュニティケーションスキルを体系的に学べる点です。
(しかもインストラクショナルデザインの要素も一部含まれております)

また、オンライン研修の仕組みをいち早く取り入れたアメリカを拠点とした資格団体のため、最新のナレッジを学習できる点も特徴となります。

つまり本資格試験の内容を学ぶだけで、明日から使えるコミュニケーションスキルを身につけることができます。

弊社では資格取得をサポートする対策講座を実施しております

リープではCompTIA CTT+ バーチャルクラスルームトレーナーの対策講座をご用意しております。

CompTIA CTT+ バーチャルクラスルームトレーナーは、日本ではまだ資格取得者が少ないのですが、弊社にはバーチャルクラスルームトレーナーが複数名在籍しております。
資格取得だけでなく、本スキルを具体的にどうやって活用するかについてもサポートさせて頂きます。

対策講座を受講されたお客様の声

研修会社 社長
「講義の中でオンライン研修の難しさを実感するとともに解決策を発見することができました。これから弊社で広げていきたいと考えています」

製薬企業 研修部
「いつもの研修にすぐに活かせるWEB上でのコミュニケーションを学ぶことができた。研修受講者の反応が全然ちがってくるので、これからも大いに活用していきたい」

対面研修並みの研修体験をオンラインでも実現させませんか?

「研修受講者のスキル向上につながる研修を実施したい!」
「オンラインコミュ力を上げたい!」
「資格取得を目指したい!」
という方は、以下のバナーからお問い合わせください。

資格ならびにコミュニケーションスキル取得まで誠心誠意サポートさせていただきます。

対策講座の詳細はこちら

関連記事一覧